変わりつつある葬儀の意識

バナー

変わりつつある葬儀の意識

核家族化が進んだ現在、葬式や、お墓についての知識やノウハウは、特に都市部に住んでる人たちの場合、ほとんど承継されていません。承継されていないということは、逆に、伝統的な儀式にこだわらないともいえますし、戦後生まれの喪主が増えるに比例して、葬儀に関する考え方に少しずつ変化が表れてきているのも事実です。

変化の特徴として、合理的にやりたい、故人にふさわしい葬儀をやりたい、など残された家族や喪主の意志を反映させたい気持ちがあるようです。

ひと昔前までは、生きているうちに自分や家族の死についてあれこれ準備しておくなんてとんでもないと考える人が大半でした。

しかし最近では、自分の死後についてあれこれ細かく指示して、書き残す人さえ現れてきています。

横浜市の葬式の情報はかなり役に立ちます。

日本人の終末を飾る文化として確立して、連綿と続いてきた葬儀などの儀式が、根本から一朝一夕に崩れることはありません。

葬儀のあり方、考え方に変化が表れてきていても、基本的な知識や情報を知っておくことは重要です。


最近は 実務的な葬式の用意はほとんど葬儀社がやってくれます。

しかし、喪主の挨拶、席順の決定、弔辞の依頼、供物の配置決定、弔電紹介者の決定、火葬場へ行く人数確認などは遺族や世話人が行い決定しなくてはなりません。

式次第も喪家や地域によって多少変わります。同じ仏教や神道でも宗派によって違ってきます。

本当に役に立つ横浜市の家族葬のお役立ちコンテンツ満載です。

葬式の後には法要やお墓についての知識や情報も必要となってくるのです。